北海道の観光旅行情報

 トップ > 大正地獄・大湯沼川天然足湯・大湯沼

大正地獄・大湯沼川天然足湯・大湯沼観光旅行情報

 登別地獄谷見学の後は、その山を越えた所にある大正地獄や大湯沼川天然足湯や大湯沼も観光しましょう。ここへ行くには、地獄谷展望台や駐車場から遊歩道があり、ナナカマド広場を通って大湯沼へ行くルートや、舟見山を経由するルートなどがあります。大湯沼へはこれらのルートで歩くか車で行きます。遊歩道の場合は下の平面図のリンクを見るとわかる通り、山を越えますのでそのつもりで歩いてください。車の場合は地獄谷駐車場手前から約1kmも走れば大湯沼駐車場に着きます。

 大湯沼は地獄谷から山を越えて下った窪地のところにある大きな沼です。その周りは地獄谷のように殺風景で、大湯沼の底からは温泉が湧いていて、湯けむりが沼全体からモクモクとたち上がっています。また、大湯沼の駐車場をはさんだ隣にも奥の湯という小さな沼があり、そこも大湯沼と同じで温泉が湧いて湯気が立ち上っています。

 また、大湯沼の数百m手前の道路沿いから看板があり、そこから大正地獄へ続く遊歩道があります。数分歩くとすぐに大正地獄に着きます。大正地獄は大正時代に小爆発したことによってできた小さなお湯の沼で、この沼は湯量が減少して地鳴りとともに温泉の色が変わります。最初は透明で出てきて、青、白、ピンク、灰、黒と変化します。

 大正地獄から遊歩道を進むと大湯沼川という小さな小川にぶつかります。この大湯沼川は、先ほどの大湯沼からお湯があふれて川になったものです。この大湯沼川に沿って遊歩道が整備され、そこを歩いていくと川から湯煙が立ち上っているのがわかります。ここも川底から温泉が湧いています。

 ちょっと歩くと川べりの所に、座って川に足を浸かれるように丸太で組んだベンチがあります。まさに天然の登別温泉の足湯になります。ここは自然に囲まれ、静寂で気持ちいい足湯です。大湯沼を観光するのであれば、大湯沼川の天然足湯もすぐ近くですのでぜひ観光しましょう。以上のように、北海道観光の中でも登別温泉は色んな温泉風景を楽しめます。北海道観光ではぜひ登別温泉をルートに入れてみてください。

地図の中心のところが大正地獄です。その上の川が大湯沼川天然足湯の川です。

関連リンク



遊歩道平面図                       登別温泉観光協会
登別温泉の地獄谷や大湯沼近辺の遊歩道の詳しい    公式HP
平面図

大正地獄

大正地獄を過ぎると小川沿いに遊歩道が続いています。

その川の水から湯気が立っています。

丸太で組んだ足湯用のベンチが見えてきます。

足場の悪い所には全面的に丸太が敷いてあります。

登別温泉の天然足湯で、川底は裸足だと歩くのが痛い場所もありましたが、砂のところもありましたので大丈夫です。

大正地獄遊歩道から道路に出たあたりから大湯沼を撮影。沼からあふれて左に流れているのが大湯沼川です。

左写真の右側。大湯沼は周囲が1kmの大きな沼です。

右写真の左部分

大湯沼駐車場前の展望台

左写真の右部分

大湯沼駐車場の隣にある奥の湯。小さな温泉の沼です。

奥の湯は登別温泉の一番奥にあります。

左写真の右側
トップ
Copyright (C) 2009-[北海道の観光旅行情報] All Rights Reserved.