北海道の観光旅行情報

 トップ > 中山峠

中山峠観光旅行情報

 中山峠は国道230号沿いの喜茂別町と札幌市の境界にある標高831mの峠です。中山峠を越える国道230号は函館方面から札幌市へ抜けるのに通る最短ルートであるため交通量がとても多い峠です。中山峠には峠の茶屋というドライブインがあり、かつてはトラックドライバーや北海道ツーリングのライダーのたまり場として有名でした。

 現在はこのドライブインの道路の反対側に道の駅望羊中山ができています。道の駅望羊中山の入り口入って右側にソフトクリームと中山峠名物のあげいもが販売されています。このあげいもは蒸かしたジャガイモを串に刺して衣をつけて揚げたもので中山峠の名物です。20年前に来た時は、おいしくてペロッと食べた記憶がありますが、今回は中年になったせいか見ただけでゲップが出るほど大きかったのでパスしてしましました。

 この反対側の入り口入って左手にはコンビニや地元喜茂別町の特産品が販売されています。その奥に立ち食いそばの望羊庵があります。立ち食いと言っても外にイスとテーブルが並んでいますので、立ち食いじゃなくても大丈夫です。2階に行くと右手に無料で持ち込み自由の羊蹄山展望台があり休憩所になっています。ここはガラスが大きく建物が円形のため景色が見やすくなっていて晴れていれば羊蹄山を見ることができます。

 これの反対側にはレストラン「四季彩」が入っていて、そばやカレーラーメンなどがあります。これらの先の通路を進むと中山峠写真の森美術館に続く連絡通路の入り口になります。この連絡通路の途中から羊蹄山を眺めることができます。中山峠写真の森美術館は入場無料で北海道の自然や野生生物の写真が展示されています。また、ミュージアムショップや峠の森が眺められるティーラウンジがあります。

 中山峠は国道230号を走っていると、ちょうど休憩したいところに道の駅やドライブインがあるので観光客やドライバーがかなり多いです。晴れていれば羊蹄山を望むことができますし、休憩しながら中山峠名物のあげいもを食べたり、中山峠写真の森美術館で北海道の写真を鑑賞したりできます。おすすめの観光ポイントです。

関連リンク



道の駅望羊中山                  中山峠写真の森美術館
公式HP                         北海道の自然や野生生物の写真を展示

道の駅望羊中山の正面

羊蹄山展望台の休憩所。持ち込み自由でここから羊蹄山を眺めることができます。

道路の反対側の峠の茶屋ドライブイン
トップ
Copyright (C) 2009-[北海道の観光旅行情報] All Rights Reserved.