北海道の観光旅行情報

 トップ > フラワーランドかみふらの

フラワーランドかみふらの観光旅行情報

 フラワーランドかみふらのは、敷地面積15万uで上富良野の小高い丘の上にあります。そのため園内の各所から遠くに富良野市街地が見渡せます。フラワーランドかみふらのは、富良野のラベンダーの名所の中で唯一入場料を取っていましたが2012年より入園無料になりました。

 フラワーランドかみふらのは、道を挟んで両側にあります。山側はバス駐車場とセンターハウスと呼ばれる建物で1階が中央売店、2階がレストランすずやです。隣には体験工房館があります。体験には綿枕・そば殻まくら作りや押し花プレート・押し花はがき作りなどの花体験とアスパラ・とうもろこし丸かじり体験、メロン・ジャガイモ食べ放題、じゃがいも・たまねぎ詰め放題などの野菜体験があります。

 道を挟んだ谷側にはお花畑が広がっています。こちら側の入口にはビッグアーケードと呼ばれるお土産屋さんや飲食コーナーが入った建物があります。ここには定番のラベンダーソフトクリームやカットした富良野メロンなどもあります。この建物の中を通り過ぎると入場門があり、そこを抜けると斜面に広がるお花畑が眼下に見渡せその向こうに富良野盆地が見渡せます。

 園内はなだらかな丘の斜面を利用していて、色んな花が植えられています。フラワーランドと言うくらいなので、季節ごとに様々な花が咲くように計画的に植えられています。4月は温室中心ですが5月はプリムラガーデン、6月には芝桜・きからし・キャットミント・ポピー・ルピナスなど、7月はラベンダー・百日草・ポピー・ダイアなど、ゆり・サルビア・コスモス・ひまわりなど、9月はマリーゴールドやサルビア・コスモスなどが一面に咲いています。どの季節でも複数種類の花が広い区画ごとに咲いているので、花畑のコントラストが圧巻です。


 園内には花畑を遊覧できるようにトラクターが引っ張る遊覧トラクターバスが広い園内をぐるぐる回っています。バスと言っても窓なしの馬車の大きなものといった感じのトレーラーです。定員は40人で大人300円・子ども100円です。また、園内の高い所にはやぐらのような展望台がありそこから園内全体を見渡せます。また、ウエディングも受け付けておりお花畑をバックにした結婚式もできます。

 フラワーランドかみふらは、富良野盆地を見下ろす小高い丘一面を利用し、ラベンダーはもちろん季節の花々が見渡せる富良野観光の外せない観光スポットです。

関連リンク



フラワーランドかみふらの
公式HPです

ビッグアーケードの内部で写真奥の真ん中に花畑への入口があります。

左写真の花畑入口付近にあるオブジェ

ラベンダー畑

写真右上が遊覧トラクターバス
トップ
Copyright (C) 2009-[北海道の観光旅行情報] All Rights Reserved.