北海道の観光旅行情報

 トップ > 帯広市の豚丼

帯広市の豚丼観光旅行情報

 帯広市の名物と言えばすぐに出てくるのが豚丼です。今や全国区になりました。帯広市内には豚丼屋さんが約100軒もあります。豚丼は甘辛く焼いた豚をどんぶりにのせたもので、店によってその味が微妙に違います。今回はホテルの人におすすめのお店をいくつか紹介された中に、老舗の「ぱんちょう」というお店に行ってみました。

 ぱんちょうは帯広駅のすぐ近くで、昭和8年に初めて豚丼を考案したのが、この「ぱんちょう」だそうです。夜7時まで営業ということで急いで行ってみました。実際行ってみると、観光パンフレットなどを持った帯広観光者が何人か外に並んでいました。ホテルの人の話だと30分くらい待つかも知れませよと言われました10分くらいで中に入れました。

 中に入るとテーブル席が8個くらいあったと思いますが、結構こじんまりした店内でした。豚丼のメニューは松・竹・梅の3種類があり、豚の枚数によって違います。ただ、ここは松が一番少ない枚数で3枚、竹が4枚で一番高いのが梅になります。私は普通の竹の豚丼950円を注文しました。甘辛く味付けされた豚を炭火で焼いたもので、けっこう厚めに切ってありました。

 有名店だからあんまりたいしたことないかな〜と思っていましたが、初めて食べてみるとタレがほどよく、肉厚でとってもおいしかったです。ぱんちょうは老舗ということでいつも混んでいるらしく、ホテルの人は他にもおいしい店は色々あると言っていました。いずれにしろ、豚丼は帯広グルメ観光にはおすすめです。

関連リンク



元祖豚丼のぱんちょう
十勝グルメサイト

ぱんちょうは帯広駅近くの大通り沿いにあり、帯広観光客がよく並んでいます。


店内の様子

普通の竹の豚丼で950円
トップ
Copyright (C) 2009-[北海道の観光旅行情報] All Rights Reserved.